後遺障害が残る事故の場合

三重 弁護士による交通事故被害者のための法律相談 石脇法律事務所

交通事故における手続きの流れ

後遺障害が残る事故の場合
事故の発生
流れ
治療の開始
流れ
症状固定、後遺障害診断書作成
流れ
後遺障害等級認定
流れ
示談交渉
流れ
裁判などによる解決
弁護士に相談するタイミング
症状が固定し、後遺障害の等級認定が出れば、適正な損害額の見積もりが可能となります。また、この段階で保険会社から示談金の提示があります。ですので、この段階でご相談されるのが効果的です。
石脇法律事務所