損害の算定基準

三重 弁護士による交通事故被害者のための法律相談 石脇法律事務所

損害の算定

損害の算定基準
損害の算定には、以下の3つの基準があります。
自賠責保険基準
3つの基準のうち、最も低い基準です。これは、自賠責保険は加入が強制され、被害者の最低保障を目的としていることに基づきます。
任意保険基準
各保険会社が設定している基準です。
裁判・弁護士基準と比較して低額で、自賠責保険基準に近いのが現実です。
裁判・弁護士基準
数多くの交通事故の裁判例を調査分析して、公表された基準です。
財団法人日弁連交通事故相談センター本部が発行する「交通事故損害額算定基準」(いわゆる「青本」)、または財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部の発行する「民事交通事故訴訟損害賠償算定基準」(いわゆる「赤い本)」が代表的です。
一例.後遺障害等級12級の場合の後遺症慰謝料
自賠責保険基準:93万円任意保険の提示額:110万円裁判・弁護士基準:290万円
このように、裁判・弁護士基準とでは大きな開きがありますので、示談に応じる前に弁護士に相談することをお勧めします。
石脇法律事務所